テレビ番組あれこれ備忘録その2

バタバタしていたらだんだんハードディスク?に録画した番組が溜まってきて

しまってます。

 

〈お願い!編集長 SWITCHインタビュー達人達 阿川佐和子×ふなっしー

 阿川さん「実は自分の話を聞いてほしい人の方が多い」

    「男と女の違いわかる?ふなっしー。」

    「男の人は人の話を聞いたら何でお礼をするかというと

     その話の解決策を伝えることがその人に対する親切だと思っている」

    「男の人は早く話を切り上げたいから解決策を言うけど

     女は聞いて欲しいだけ」

    「オウム返しが大事」

    「女の子に興味を持って話を聞くおじさんになるとモテる」

ふなっしーは聞き上手のようでした(^^)

 

 

ナカイの窓ナカイの窓×科学」〉

 ゲストにサイエンスプロデューサーの米村でんじろうさんが出ておられて、

受験で3回落ちた話、先生になってから授業でスベリまくって生徒になめられて、

先生に向いてないと自分も周りも気づいていて。。。という悲壮な話だけど

ついつい笑ってしまいました。ごめんなさい。

 最後の方に静電気いっぱい溜めたコップの水に口を付けた瞬間に

コップを放り投げて隣の陣内さんに水が。。。

 

ロボット工学者の石黒浩さん「ロボットの究極の見本は何かと言ったら人間」。

さいころに大人に「人の気持ちを考えろ」と言われたけど「意味不明」。

人に近い言葉って全部わからない。意識とか感情とかわからないものだらけ。

とのことでした。

でもなんというか、自分のいるべきところにいて頑張っていらっしゃるーと

うまく言えないけど生きる道が見つかるってすばらしいな、と思ったのでした。

 

 

又吉直樹のヘウレーカ!〉“男はつらい”ってホント?の回

 X染色体には1000~2000種類の遺伝子が存在。

 Y染色体には50種類にまで減ってきた。

 Y染色体はあと500~600万年かけたら、残りも消えてしまうんじゃないか

 という報告もある。

 

 火星や木星への移住、という話を時々見聞きしますが、人類が滅びるのが

先か、移住できるのが先か。。。移住するときは猫も連れて行くのかしら、

などなど想像が膨らんでいって。怖くもあります。

 

 望遠鏡で木星を見る機会があったのですが、遠い!ですね(*_*;

音楽番組あれこれ13

〈Anison Days〉

 ゲストが米良美一さん。藤子不二雄アニメがテーマでした。

・「きてよパーマン」(2期オープニング)出だしの「パーマンパーマン、 

パーマン♬」の部分は、シンコペーションのリズムが使われている。(By

米良さん)

 シンコペーションとは。

 強拍(オモテ)と弱拍(ウラ)の通常の位置関係を換え

 音楽のリズムに緊張感を生み出す手法

 なんだそうで、知らなかったです。

 

 おまけ。忍者ハットリくんの動きに芯があってブレがないように見えるのは、

黒目の位置を計算して描かれているから。(By森口博子さん。藤子不二雄Ⓐ先生

から直接お聞きしたとのこと。)

 というわけで??ANIMAXで忍者ハットリくんを録画してみてみました。

なんだか声優さんがだいぶ交代しているような。。。

 ハットリくんのアニメも歴史が長いのでしょうね。

 ハットリくん、目力がすごいです。

HOKURIKU DANCE FESTIVAL Ⅲ (プログラム⑤)(2018.6.24@金沢21世紀美術館シアター21)

HOKURIKU DANCE FESTIVAL Ⅲ(プログラム⑤) を見てきました。

なんというか研ぎ澄まされた肉体が表現する世界を堪能したって感じで、

自分のなけなしの経験を総動員して味わったというか。。。

陳腐な表現ですみません。

来年はどういう形で開催されるのか不明なようですが、こういった機会が

あったらまた見に行きたいと思っています。

テレビ番組あれこれ備忘録(主に植物)

ちょっと前の番組になってしまいましたが。放送した日も失念しました。

 

探偵ナイトスクープ〉 五つ葉のクローバーを探し求めている女性の依頼で、

あれこれ探索した結果、四つ葉のクローバー探しが得意な女の子と一緒に、

四つ葉のクローバーを意図的に植えている場所へたどり着いてました。

 世の中いろいろな場所があるのだなぁと思いました。

 ちなみに、五つ葉のクローバーの花言葉は 金運、商売繁盛

      六つ葉            地位と名声

        七つ葉            無限の幸福

   だそうです。自分もよく四つ葉のクローバーを探して、五つ葉とか見つけたこと

あったなあと懐かしく思いました。

 

〈雨上がりの『Aさんの話』〉

 桜守の佐野藤右衛門さん御年90歳の庭園に訪問していました。

そこでいきなり?兼六園の菊桜の話が出たので驚きました。

 兼六園の菊桜は今から50年前に寿命を迎えてしまい、

佐野さんが切り取った10本の枝を枯れさせないよう口にくわえて

京都まで運び、接ぎ木をして成長した菊桜の枝を兼六園に移植した

とのことでした。

 人の思いが桜の木の命を繋げているのだと、感動しました。

 

〈植物男子ベランダー第4話〉(何シリーズ目かは失念)

 「赤いスイートピー」が流れて、生花の赤いスイートピーの説明が

流れていました。赤いスイートピーは同名の歌がはやった1982年ころは

枯れやすく売り物にならなかったそう。それを改良し、 2006年に

ついに栽培に成功。作った方が満面の笑みで赤いスイートピーを持って

写真に納まっていたのは感動でした。(記憶違いがあったらすみません。。。)

 花言葉は「永遠の喜び」。ピッタリ!って感じでした。

 

おまけ?

探偵ナイトスクープ〉 小型の耕運機の一軸正逆転を、夫に分かりやすく

伝えるのを助けて欲しいという奥様からの依頼でした。

 耕運機メーカー3社から社員が出向いてきてそれぞれ説明していましたが、

個人的にはKUBOTAの社員さんの“側転からの!地面をゴロゴロ~!!”が

ツボでした(^^;)

シソンヌライブ[モノクロ]2018 (@こまつ芸術劇場うらら小ホール 2018.6.9) 

H ZETTRIOのライブの前日に行ってまいりました。

小劇場といえど、天井が高く、なかなかの広さでした。

前回は着替えありのライブで、今回は着替えなしと聞いていたので、

漫才やるのかなーとのほほんと考えていましたが、いい意味で予想を裏切った

というかなんというか。着替えなくても十分!と思いました。

まだツアーは終わってないので、これ以上はあれこれ書くのはやめます。

それにしてもじろうさんはいろいろと変化(へんげ)がすごい、と思いました。

長谷川さんのゆるぎない感じも良いです。

また機会があれば見に行きたいです。楽しかった!です。

 

小松はなかなか訪ねる機会がないのですが、なんだかおいしそうなものがたくさん

ありそうで、次に来たときは美味しいものを食べたいと思いました。

H ZETTRIO Mysterious Superheroes Tour 2018 〜濃縮還元遊戯舞台〜 (@金沢AZ 2018.6.10)

去年は、鉄道旅を楽しみながら松本でのライブに行ってきたなぁと思い出しつつ、

(去年の記事はこちら(^^;) ↓

H ZETTRIO「PIANO CRAZE CRAZY TOUR」(2017.6.18 Sound Hall a.C ) - tetunekohosiのブログ

 今回は金沢AZでのライブに行ってまいりました。

金沢AZに足を踏み入れるのは初めてでしたが、なんとドリンクのカバーが

ツアーのポスターのカラーコピーに変わっていました!おお!と思いました。

それを外してポケットに入れたのですが、案の定そのまま洗濯してしまい。。。

大惨事は免れましたが、せっかくのカバーは折りたたんだまま一枚板のように

なってしまいました。はぁ。

 

金沢公演の数日前、メンバーの体調不良により公演が中止(延期)になり

体調はどうなんだろうと心配していましたが、それを感じさせないような素敵な

ライブでした。

濃縮還元(^^♪

みなさんお茶目で、かっこよくて、楽しいライブでした。

聴きたかった曲も聴けたので、なお嬉し!(^^)!

そして最後の曲の前にヒイズミさんが「金沢ジャズストーリーにー」と言うので

なんだなんだ?と思ったら出ることが決まりましたー!と。

お客さん大喜び!でした。自分も大喜び。

メンバーの皆様におかれましては、これからも体調に気を付けてお過ごしください!!

マチ式ツアー@京都aunoun parlor(2018.6.3)

以前から行ってみたかったマチ式のライブに念願叶って行ってまいりました。

朝一から大阪で頑張ってお勉強して、夕方大阪から京都へ移動。移動はJRで、

だったのですが、機会があったら次回は京阪に乗りたいと考えています。

 

ライブ会場へは京都駅からバスで。以前京都で何回か乗った205系統に、

懐かしく思いながら乗りました。十数年ぶり(;^_^A

会場はこじんまりしたところで居心地がよくて、

ぜいたくな気分でライブを楽しむことが出来ました♬

 

渡辺さんはボイスパーカッションもするし、座っていたのはイス、ではなくて

カホンみたいな箱の楽器で、足のペダルもついてました。全身で楽器!(゜o゜)

 

ファルコンさんはギター(アコースティックギター??)1本と、

足元に並んだエフェクターで演奏されてました。

電子音、ベースのような音など、自由自在に音を出してました。

すごい!

 

ファルコンさん、渡辺さん、佐藤さん、お三方がそれぞれ作曲した曲が

演奏されました。

ファルコンさん作曲の曲の由来などを渡辺さんがインタビューされてましたが、

なんともいえないお答えに会場にいた皆様の笑いを誘っていまして、

なんだか癒され?たのでした。

 

また、佐藤さんに影響されて作ったという渡辺さんの曲、

すっごいカッコよい!

お客さんからの質問で7拍子だと判明。(自分は何拍子とかほぼ分からない。。。)

 

佐藤さんの演奏も素敵!ピロロの時にクラビオーラも聴けて嬉しかったです♬

途中で両手弾きもされてました。

 

すぐまたライブに行きたくなってしまう、そんな演奏が聴けて幸せでした。

購入したCD-Rは車の中でエンドレスで聴きました!音源がもっと欲しいな、と

車で移動する機会が多いので思ったのでした。

 

つくづく、しみじみ、素敵なライブでした。行けて良かった(^^♪

機会あらばまた行きたいです!